【乃木坂46】表題曲だけではない!名曲揃いのアンダー楽曲!!

皆さんこんにちは!

クリックして下さり、ありがとうございます。

師範代と申します。

今回は乃木坂46アンダー楽曲に焦点を当てて個人的にオススメ曲を紹介していきます。

アンダー楽曲とは?

乃木坂46『アンダー』Short Ver. - YouTube

乃木坂46のアンダー楽曲とは選抜に選ばれなかったメンバーは歌う楽曲のことです。

『しあわせの保護色』以外の毎シングルで収録されており、ファンからはアンダー楽曲の人気も高いです。

アンダー楽曲のみのアルバムがあるほどです。

ですが、なかなか表題曲と違って音楽番組やライブなどでも披露する機会が少ないので認知度が低くなりがちです。

なので今回はオススメにアンダー楽曲を紹介していきます。

13日の金曜日

乃木坂46の13日の金曜日が最高に可愛い件 - キラキラもっと光れ魔法にもっとかかれ

『13日の金曜日』は5枚目シングル『君の名は希望』に収録されるアンダー楽曲です。

13日の金曜日と聞くとあまり良くない不吉な感じがしますが、この曲は違います。

アンダー楽曲にしては明るい曲調が特徴の楽曲です。

13日の金曜日になると乃木坂ファンはソワソワし始めます。

センターは卒業された斉藤優里さんで、まさに明るいセンターに最も向いているメンバーでした。

この曲はセンターに入ったメンバーの煽りも注目ポイントの一つでライブでも盛り上がる曲です。

アンダー曲ではありますが、ライブでも比較的に披露されることが多い楽曲です。

MVは遊園地での急に踊り出すというMVです。

とても可愛い感じの仕上がりになっているので是非ご覧ください。

あの日 僕は咄嗟に嘘をついた

あの日僕は咄嗟に嘘をついた hashtag on Twitter

『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』は10枚目シングル『何度目の青空か?』に収録されているアンダー楽曲です。

咄嗟と呼ばれるこの曲はメンバーからも人気の高い曲です。

この時期のアンダーが最強という人も少なくありません。

実際メンバーも豪華ですし、迫力も出てきた頃なので確かに言いたいことはわかります。

センターは卒業された井上小百合さんです。

この曲では井上さんは本当にかっこいいセンターを務めています。

フロントも豪華でこれ以降選抜に定着していったメンバーで固められています。

この曲は曲調もいいのですが、MVの評価も非常に高いです。

井上さんの苦悩を描いている感じになっていますが、このMVに続く曲があるんです。

それが『行くあてのない僕たち』です。

これもファン人気が非常に高い曲で伊藤万理華さんとのユニット楽曲です。

私の好きな曲でかっこいいんですよね。

これからも受け継がれていくであろう名曲です。

嫉妬の権利

嫉妬の権利」スタジオライブ(乃木坂工事中) | てらひろの徒然日記

『嫉妬の権利』は13枚目シングル『今、話したい誰かがいる』に収録されている楽曲です。

私の乃木坂の中でも一番二番を争う好きな曲です。

この曲はとにかくかっこいい感じの曲です。

ダンスもかっこいいですし、訴えかける感じがいいですね。

この曲はダブルセンターでどちらも卒業した中元日芽香さんと堀未央奈さんです。

さらにフロントには北野日奈子さんと寺田蘭世さんがおり、このフロントメンバーがサンクエトワールの元となっています。

MVはメンバーがメンバーに対して順番に嫉妬していくというMVです。

そしてラストは衝撃の展開が・・・

これを初めて見たときは鳥肌ものでした。

是非ご覧ください。

このMVでの見所は北野さんのプク顔ですね。

まじで可愛すぎて吐いちゃう。

自惚れビーチ

乃木坂46】『自惚れビーチ』を表題曲にしていたら大ヒットしていたという風潮 : 乃木坂46まとめ NOGIVIOLA

『自惚れビーチ』はアンダーアルバム『僕だけの君』に収録される楽曲です。

この曲はアンダー楽曲にしては明るいアップテンポな曲です。

センターは鈴木絢音さん。

この曲が出た当時は鈴木さんに明るいイメージを持っていた人もあまりいなかったはず。

なので似合うのかどうかといったところでしたが・・・

大ハマりしましたね。

今では鈴木さんの代表的な楽曲になっています。

この曲以降の鈴木さんの快進撃はすごかったです。

実際鈴木さんはこの曲のセンターをして以降、『新しい世界』ではアンダーセンターに選ばれ、その次の『ジコチューで行こう!』にて初の選抜メンバーに選ばれています。

ライブでも披露することが多く、アンダー楽曲の中では新たな盛り上がる楽曲として人気があります。

MVはありませんが、今からでも欲しいですね。

日常

乃木坂46] 日常 フルMV | 乃木坂 TV

『日常』は22枚目シングル『帰り道は遠回りしたくなる』に収録されるアンダー楽曲です。

今現在アンダー楽曲の中で代表的な位置づけの曲です。

ライブでも最近ではほとんど披露される定番曲になりました。

センターは北野さん。

北野さんの圧倒的代表曲になりました。

この曲の人気の理由はライブでの圧巻のパフォーマンスにあります。

北野さんの圧倒的オーラに周りのメンバーも熱を持って踊っています。

ライブでの盛り上がりのピカイチで表題曲を食ってしまうほどの迫力です。

実際2019年の神宮での『日常』はそのライブのベストパフォーマンスだったと思います。

そのくらいの完成度と迫力です。

最後の北野さんのキメ顔も半端ない。

メンバー人気も高く、ファンからも愛されている曲です。

私が北野さんが好きということもありますが、北野さんの復活を決定づけた曲として思っており私は好きです。

北野さんはこの曲をもらえて本当に良かったと思います。

北野さんが卒業した後は誰がセンターをやるのか今からでも少し楽しみです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回あげた楽曲は数多くあるアンダー楽曲の中でもごく一部です。

他にも素晴らしい楽曲、人気の楽曲が多くあります。

アンダー楽曲は毎回評価も高い曲が多いので表題曲が注目されがちですが、アンダー楽曲を聞くのもいいでしょう。

また乃木坂のことがよりいっそう好きになれます。

それでは!