【乃木坂46】27枚目シングル収録曲の個人的感想【ごめんねFingers crossed】

皆さんこんにちは!

クリックして下さり、ありがとうございます。

師範代と申します。

今回は乃木坂46の27枚目シングルに収録されている曲の個人的な感想についてです。

私は結構歌詞どうでもいいタイプの人間なのでかなり浅めな聴き方をしているのでそこは大目に見てください。

ごめんねFingers crossed

今回のシングルの表題曲である『ごめんねFingers crossed』

ラジオなどで聴くたびに意外といいなとなる曲です。

これはどの曲でも同じようになるのであまり関係ないのですが・・・

曲としてはスタイリッシュな感じ。

特にサビ前が好きです。

あのサビに向かって盛り上がるというかあの感じ好きです。

サビはキレがあると言いますかなんといえばいいかわかりませんがスタイリッシュです。

全体的にかっこいい感じの曲ですが、やっぱりサビはその曲の特色が出ますね。

この曲はもちろんMVもあるので是非ご覧ください。

車がたくさん出てきて、私はわかりませんが車好きな人にはもっと楽しめるものになっていると思います。

ダンスがつくとさらにかっこいい感じになりますね。

全部 夢のまま

今回のカップリング曲である『全部 夢のまま』

与田祐希さんの初のセンター楽曲となっています。

可愛いに振った曲でもなくかっこいいに振った曲でもない。

バランスのいい曲だと思います。

めちゃくちゃ盛り上がる感じではないですが、上品な感じですね。

サビの入り方がすごいヌルッとしてると感じました。

ここからサビです!

って感じではない。

ゆったりと聞ける曲ですね。

落ち着いた感じで好きな人も多いのではないでしょうか?

この曲にもMVが存在します。

MVもまた上品な感じと言いますか結構良いところで撮ってんなーといった感じ。

途中の遠藤さくらさんが可愛いなという印象と受けました。

あの髪の分け方いいです。

さ~ゆ~Ready?

松村沙友理さんの卒業ソロ曲『さ~ゆ~Ready?』

卒業のソロ曲といえば結構明るい曲は少ない印象ですが、この曲は違います。

かなり明るめの曲です。

それも松村さんっぽいです。

曲としてはかなりアイドルソング。

アイドルらしさが詰まっています。

最後まで明るい感じで進行していくのですが、なぜか最後まで聞くとどこか寂しくなる曲です。

明るい曲なのに何故でしょうか?

あのコーラスの感じなのかどこか寂しいんですよね。

明るさもありつつ、寂しさもある。

まさに卒業ソングにぴったりです。

この曲にもMVがあります。

3人の監督がそれぞれ撮っているので展開が結構変わっていきます。

ぶっとんでいる感じもあってついていくのが大変。

今までの松村さんのキャラなどが散りばめられており、楽しめるMVです。

錆びたコンパス

今回のアンダー楽曲である『錆びたコンパス』

山崎怜奈さん初のセンター楽曲です。

わりかしロックチューンです。

イントロで結構ロックな感じだったので個人的におっ!となりました。

結構かっこいい感じで進んでいくのかと思いきや、サビは開けた明るい曲となっています。

シリアスな感じではないです。

サビはなんか荒野感という謎の表現をしておきます。

力強くも明るく歌い上げている曲です。

アンダー曲なのでMVもあります。

今回のシングルで卒業する伊藤純奈さんと渡辺みり愛さんがフロントになっています。

なのでこの二人のシーンもいくつかあります。

このMVの監督に感謝です。

全体的に楽しそうな旅の様子を写したかのようなMVです。

メンバーの楽しそうな様子が見られるのはいいですね。

ざぶんざざぶん

与田さんと筒井あやめさんのユニット曲である『ざぶんざざぶん』

この二人のイメージはあまりないですが、この曲ではユニットを組んでいます。

聞いてみて思ったのはこのふたりの声質が意外といいことです。

今までこのふたりの歌声のイメージがなかったのですがこの曲ではがっつり聴くことができます。

あまり癖がない感じで私は好きです。

曲としてはなんか洗脳ソング感があります。

悪い意味ではありません。

それだけおそらく中毒性があるのでしょう。

多分握手会などでずっと流れていたら洗脳されそう。

そんな印象の曲です。

ざぶんざざぶんというフレーズが頭にかなり残ります。

曲自体もこのふたりの感じにあっていて良いです。

この曲にもMVが存在します。

何度も言いますがこのふたりのイメージはなかったので新鮮でした。

この二人はこれからもセットで売り出していくのかなと少し感じました。

大人たちには指示されない

三期生楽曲の『大人たちには指示されない』

今のところ披露する機会もそこまでなく、ラジオとか聞いててもあまり流れる機会が少ないので今回のシングルの中では存在感が薄いです。

ですが結構私は嫌いではないです。

欅っぽいと言われたりしていますが、そこまで欅感は感じませんでした。

曲はこのシングルの中で最もかっこいい感じの曲です。

三期生ライブで初披露された時の印象だと三期生の底力を感じる曲となっています。

三期生の成長がとても見えました。

歌詞はテストにぶちぎれている人の気持ちという印象を受けました。

ですがメロディでそんなのどうでもいい感じになっていましたね。

カッコよければなんでもいいです。

この曲にはMVはないですがMVも見たかったなというふうに思いました。

猫舌カモミールティー

四期生楽曲の『猫舌カモミールティー』

個人的に今回のシングルのスルメ曲。

ラジオなどで聴くたびに意外といいなという風に思うようになりました。

乃木坂の曲は大体この現象になる。

曲的にはフレンチポップというのかなんというのか。

初期の乃木坂感を感じました。

フワッとした可愛さの感じがいい味出しています。

新四期生が加入してフロントにも立った曲ではあったのでMVは少し見てみたかったですね。

まあ仕方のないことですが、全曲MVがみたいですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今見返しても浅い。

こんな感じの個人的な印象なので一意見としてみていただけると幸いです。

普段あまり乃木坂の曲は聞かないのですが、こういうシングルのリリース間近に新曲を聴くと意外といいなということを毎回感じます。

それだけいい曲が毎回揃っています。

今回のシングルはすでにサブスクに出ているので是非聞いてみてください。

それでは!